RewriteStyle リライトスタイル

transcosmos
受付時間 平日 9:30〜18:00
お問い合わせ

PCサイトの仕様はそのまま、設定変更・改修不要!

業界トップクラスの低コストで スマートフォン&タブレット 対応サイトに変換!

  • 料金定額制
  • スマホタブレット対応
  • 高品質レイアウト
お見積り・お問い合わせ・資料請求無料
イメージ画像

Rewrite Style リライトスタイル

月額利用料 (定額制) 1万円〜+初期費用3万円〜デザイン制作費1万円〜 ※契約期間は1年単位となります

今すぐお問い合わせ

Rewrite Styleの5つの機能と特徴

  • 業界最安の 定額制! 追加料金ナシ!業界最安の 定額制! 追加料金ナシ!
  • PC・スマホ・ タブレットが 同一URLで一括管理PC・スマホ・ タブレットが 同一URLで一括管理
  • サイトデザインは オリジナル制作サイトデザインは オリジナル制作
  • フォームや計測タグ、 SSLも そのままでOKフォームや計測タグ、 SSLも そのままでOK
  • スマホ・タブレットを 識別し、PCサイトを 動的に自動変換スマホ・タブレットを 識別し、PCサイトを 動的に自動変換

スマホ・タブレットユーザーのサイトアクセスから獲得までの動き

スマホ・タブレット向け最適化未対応

文字や画像サイズが小さい、ダウンロード・表示時間が長い、ボタンが小さくて押しにくい、上下左右に画面スクロールが必要→興味関心DOWN サイト離脱

最適化未対応イメージ画像

Rewrite Styleでスマホ・タブレット向け最適化

読みやすい文字サイズ、表示速度が速い、ボタンやリンクが押しやすい、上下のスクロールだけの簡単な操作性→興味関心UP コンバージョンUP

最適化イメージ画像

スマートフォン・タブレット特有の操作性、ユーザビリティに対応していないサイトでは、
広告費をかけてユーザーを取り込んでもすぐに離脱してしまいます。

Rewrite Styleでスマホ・タブレット対応すると
短期間でサービスインまで可能な上、コストをかけずにPCサイトとの一元管理が可能になります!

低コストを実現

低コストを実現

アクセス数が多い月でも安心!

Rewrite Styleは、どんなにアクセス数が多い月でも、 月額1万円~の定額制。 利用料の追加は一切ありませんので、安心

安心の定額制
お見積り・お問い合わせ・資料請求無料

Rewrite Style リライトスタイル

月額利用料 (定額制) 1万円〜+初期費用3万円〜デザイン制作費1万円〜 ※契約期間は1年単位となります

0343630510 お問い合わせ
変換したサイトとPCサイトは同じドメイン

変換したサイトとPCサイトは同じドメイン

レイアウトのみ変更するからサーバーへの影響はありません!

現在のPCサイトのURLでスマホ・タブレット変換後も表示。 URLが一緒だからサイト訪問者も安心です。

スマホ・ダブレット変換イメージ
PCサイト
矢印
Rewrite Style変換サイト
高品質なスマホ・タブレット専用デザインをご提供

高品質なスマホ・タブレット専用デザインをご提供

ベースレイアウトは弊社で対応いたします

既存のPCサイトを基に、 専門の制作スタッフが貴社専用のデザインに変換します。 ※Flashやフレームなど、一部変換できないコンテンツがございます。

PCサイトでの仕様はそのままでOK

PCサイトでの仕様はそのままでOK

アクセス解析や広告効果測定など、PCサイトの仕様はそのまま利用可能

PCサイト・サーバーの基本設定を変えることなくスマートフォン及びタブレット向けに最適化可能。パラメーターの引き継ぎや計測タグの埋め込み設置も可能です。

ユーザデバイスを自動判別!(スマホ・タブレット対応)

ユーザーのデバイスを自動判別

スマホやタブレットからアクセスされたときだけデザイン変換

ユーザビリティの高いスマートフォン、タブレットに自動変換。 ※スマートフォンの表示はSafariOS4以上、Android2.以上の標準ブラウザに対応しております。

スマホ・タブレット変換イメージ

ユーザーがスマホやタブレットでPCサイトへアクセスすると、変換タグを埋め込んだページでスマホ・タブレット用に変換したサイトを表示する。

導入までの流れ

1)ご提案。対象ページのURLを一覧にして弊社に提出して頂きます。2)動作テスト。対象ページにフォームが含まれる場合、弊社テスト環境で実装・動作テストを行います。(お申し込み)3)動作。弊社プレビュー用URLより、デザインの確認をして頂きます。※1、※2。4)公開。本番環境にて実装し、承認を頂いた後本公開となります。

※1:貴社テスト環境にRwrite Styleを実装している場合は、テスト環境URLにアクセスしてご確認いただけます。

※2:制作段階で変換に必要な要素が判明した場合、貴社へhtmlの記述の変更依頼をさせていただく事があります。